ご予約・お問い合わせ

診療時間は曜日によって異なります。

ご予約・お問い合わせはこちら

096-379-1717

診療時間は曜日によって異なります。

むし歯ってなに?むし歯ができるしくみ

2003年12月5日|

むし歯ってなに?むし歯ができるしくみ

むし歯は、細菌が出す酸によって歯の一番硬いエナメル質を溶かしてしまうことから始まります。その後、エナメル質より軟らかい象牙質・歯髄へと進行します。このころになると、歯が痛み出します。また、象牙質や歯髄はエナメル質より軟らかいので、どんどん溶けていきます。

むし歯とは、お口の中の細菌が出す酸が溶かしてしまうという恐ろしい病変なのです。

むし歯ができるしくみ

  1. むし歯は、お口の中に無数にいる細菌の仕業です。
  2. その中の「ストレプトコッカス・ミュータンス」という細菌が歯の表面についた食べカスなどに含まれる糖分を分解し、歯垢(デキストラン)を作り出します。
  3. 歯垢(デキストラン)が歯の表面に積み重なります。
  4. 歯垢(デキストラン)が酸を産生して、歯を徐々にと溶かしてやがてむし歯になります。