ご予約・お問い合わせ

診療時間は曜日によって異なります。

ご予約・お問い合わせはこちら

096-379-1717

診療時間は曜日によって異なります。

入れ歯の構造(保険適用の入れ歯編)

2015年6月5日|

人工歯:
種類が限られているため、場合によっては残っている歯の色、形のバランスが悪くなることがあります。

歯肉部分:
汚れが付きにくく、装着感が良い形態になっています。基本的な形態だけで、制限があります。

義歯床(樹脂):
金属と違い割れやすいので、かなり厚くなっています。また、熱を伝えにくい材質なので、食べ物の温度・味覚が感じにくくなります。

維持装置(留め金):
残っている歯を取り囲むようにして入れ歯を固定します。そのため、歯の状態によっては、笑ったときに見えたり、多少口の中で違和感があります。