ご予約・お問い合わせ

診療時間は曜日によって異なります。

ご予約・お問い合わせはこちら

096-379-1717

診療時間は曜日によって異なります。

口臭について パート2

2013年6月12日|

鏡の前で思いっきり舌を出してみると、舌の中まどから奥にかけて白っぽくなっているのに気付くことがありませんか?

虫歯や歯周病のない健康な人で口が臭うのは、舌苔(ぜったい)と呼ばれるものが大きな原因と考えられます。舌苔は、はがれ落ちた口腔の粘膜の細胞や細菌が舌に付いてできています。舌は糸状乳頭という凹凸のある組織で覆われているので、細菌が引っかかりやすいのです。この舌苔が分解されると硫黄化合物になります。やっかいなのは、揮発性で息と一緒に口から出て不快な臭いがすることです。自分で普段から嗅いでる臭いは慣れてしまっているから自分自身の口臭には気付きにくいです。自分の口から不快な臭いが出てると思うとぞっとしますね。

では、臭いの元になる舌苔を除去するにはどうしたらよいか・・・。
ずばり「舌ブラシ」を使ってブラッシングすることです。

歯ブラシは毛が固くて舌が傷つきやすいので、やはり専用の舌ブラシが最適と言えます。最近ではドラッグストアなどでも手に入りますのでぜひさっそく試してみてはいかがですか。ただし、こすりすぎて舌の表面を傷つけることがないように注意しましょう。