ご予約・お問い合わせ

診療時間は曜日によって異なります。

ご予約・お問い合わせはこちら

096-379-1717

診療時間は曜日によって異なります。

子供のブラッシング

2004年2月5日|

上の歯が生え始めたら

水を含ませたガーゼや脱脂綿などを指先に巻きつけて、歯の表面の汚れをやさしく拭き取ります。このころは、手にした物を何でも口に入れたがるので、歯プラシを遊びの中に取り入れて、歯ブラシに慣れさせましょう。また、お母さんはお口の中を見る習慣を付けましょう。

1才になったら

少なくとも、朝と晩の2回くらいは、小さな軟らかい歯プラシを使って、やさしく歯面の汚れを取ってあげましょう。

1才6ヶ月〜2才頃

自我がだいぶ強くなり、一人で歯磨きをしたがります。不十分ですから、必ず後で見てあげましょう。歯プラシは、子供の口の大きさにあったものを選びましょう。

3才を過ぎたら

不十分ながら一人で磨けるようになります。しっかりと磨けるにう訓練を始めましょう。乳歯のむし歯が急増する時期ですので、必ず、お母さんが仕上げ磨きを行ってください。磨いた後は、忘れずに褒めてあげましょう。