ご予約・お問い合わせ

診療時間は曜日によって異なります。

ご予約・お問い合わせはこちら

096-379-1717

診療時間は曜日によって異なります。

フッ素は虫歯になりにくい歯を作る性質

小児予防(フッ素塗布)

「フッ素」は虫歯になりにくい歯をつくる性質を持っています。
このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。
歯に直接フッ素を塗るので、市販の歯磨剤よりも効果的に取り込むことができます。

フッ素塗布の流れ

(1)歯をきれいに磨いた後、エアーを吹きつけて歯の表面を乾燥させます。
(2)脱脂綿などにフッ素入りの薬剤を染み込ませ、歯に塗ります。
(3)フッ素を歯に塗った後30分くらい、うがいや飲食をさけます。
(1)〜(3)の工程を2週間の間に3〜4回行います。これを年に2〜3回実施します。

フッ素って本当に安全なの?

虫歯予防

フッ素のはたらき

フッ素は、自然界の物質で私たちが毎日食べるものの中にも、含まれています。しかしフッ素は、塩と同様で、からだに必要なものでありながら、大量に摂取すれば害になることがあります。

シーラント

奥歯の噛み合わせの面には溝があり、むし歯ができやすいところです。その溝に材料を流し込んで、むし歯を予防する方法があります。この方法をシーラントといいます。シーラントは歯を削ることがないので、痛みはありません。