ご予約・お問い合わせ

診療時間は曜日によって異なります。

ご予約・お問い合わせはこちら

096-379-1717

診療時間は曜日によって異なります。

恐怖心がある方や外科手術の際に。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法とは、静管の静脈内に直接、安定剤や催眠剤を点滴することにより、笑気よりもより深い鎮静効果が得られます。
完全に意識がなくなる全身麻酔とは違って、歯科医師の呼びかけに反応できる程度の鎮静状態を保ちますから、入院する必要はありません。

静脈内鎮静法の対象となる方

・注射や歯を削る音、薬剤の臭いなどにより歯科治療が苦手で、強い不安を感じたり極度に緊張したりする方。
・歯科治療を受けると吐いてしまう方や高血圧などで歯科治療が不安な方。
・インプラント手術・口腔外科小手術・親知らずの抜歯など負担の大きい外科処置を受けられる方。

静脈内鎮静法の手順

1.歯科麻酔学会認定医(院長)が、血圧計などを必要に応じて患者さまに装着し、全身の状態を管理します。
2.静脈に薬剤を投与し、患者さまは徐々にリラックスして眠くなっていきます。
3.患者さまがリラックスしている状態を確認した後に、治療を始めます。治療中はまれに眠ってしまうこともありますが、基本的には「うとうと」としている状態になります。
4.治療後は長くて1〜2時間程度、当院でお休みになっていただき、お帰りになっていただきます。